紙☆紙☆サンバ! Papers and Days

紙を切り貼りする日々、子育ての日々、その中で感じることを徒然と綴っています。近頃は紙に触れ合う時間が減りましたが・・・。

親切を受け取れない子ども

めっちゃ久しぶりに書きます。

すごくモヤモヤすることが多い日々。

日記に書いたり、主人や実家の母に話してみたり。

でもモヤモヤはまたすぐ溜まっていく。

どうしたものか‥と思っていて、思い出しました。

やっぱりブログを再開しようと。

 

ブログから遠ざかっていたのは、忙しかったり、めんどくさかったり。

でもツイッターで毒を吐いても、ブラックホールに罵詈雑言を大声で言うみたいで。

インスタはキレイな写真で溢れ。

なんだかよくわからず、結局帰ってきてみました。

 

***

本題に。

今日は午後から雨で。

夕方保育園に子どもを迎えに行くと、途中傘のない人たちの多いこと。

帰ってきたら、ちょうど家の前に小学生の送迎バスが止まり、降りてきた3年生くらいの男の子。

傘ないじゃん!

急いで玄関のビニール傘を持って、「さしていきなよ!明日家の前に置いといてくれればいいから!」と言うと、「いえ、大丈夫です」の一点張り。

無理強いできないので「気をつけてね」と言うと、ペコリとして去って行きました。

私なら、結局借りて帰るのになあ、と思いつつ。

モヤモヤ。

知らない人から、物をもらったらいけない、の教えの延長か?これは。

親切を親切と感じれないのか、受け取れないのか、何なのか。

それはそれでかわいそうな子だなと。

近所の数少ない子どもだけど、もう彼に親切にすることはないな、と感じた、心の狭い自分でした。

あー、もっと心の広い人間になりたーい!

見えないものは怖い

梅雨が近づいてきましたね。

いつの間にやら6月です。

 

見えないもの。

2歳の息子は、保育園での節分行事がよほど怖かったらしく、以来、静けさを破る、聞いたことのない?音を聞くと、今にも泣きだしそうな顔になります。

音の原因は、はっきりしているのですが、それは人生の経験の賜物で、2年しか生きていない息子にとっては、鬼が来た!と思い込むのも無理はないのです。

 

その息子さん、近頃「しんがたころなういるす」と言うようになりました。

我が家はラジオをやニュースをかけていることが多く、何度も聞くうちに、覚えてしまったようです。

しかし2歳といえど、リスニング能力はすごいですね!

ニュースの話題で「アメリカ」が出ると、「アメリカ、ワシントン」と言います。

どうやら主人が教えた、国旗カルタとトーマスの主題歌の影響らしいです。

息子を見ていると、五感と経験による想像力のすごさを、改めて実感します。

 

ひるがえって、私たち大人は。

目に見えない「新型コロナウイルス」による恐怖を、他人に向けてしまっています。

福島の原発事故の時もそうでした。

目に見えないものが、いかに怖いか。

その怖さの実態は、それ自身ではなく、それを受け止める人間の心、ではないでしょうか。

新型コロナウイルスの怖いところは、感染していても症状が出ない人が多いこと。

症状が出た人は、SNSでめった刺しのように晒されるのに、症状のない感染者は、PCR検査で陽性と判断されない限り、自分も誰かを誹謗中傷している。

共に生きている民主主義社会でありながら、恐怖心によって多数結論だけが先走り、ウイルスはのうのうと自分の居場所を広げている。

 

2歳の子どもの、見えないものに対する恐怖心は、母の言葉によって救われる。

じゃあ大人たちの、見えない者に対する恐怖心は、誰が救ってくれるのか。

もしかしたら、今日どこかで感染しているかもしれない。

症状が出ないかもしれない。

2週間後に、ひどい症状になるかもしれない。

命を落とすかもしれない。

もしコロナとわかったら、職場はどうなるか、家族はどうなるか。

どれだけたたかれるか、村八分にされるか。

自分はその間、世間から一体何週間、何か月、離されるのか。

不安だらけの、この恐怖心を、誰が救ってくれるのか。

 

願わくは、正しい知識と、行動で、誰も責めることなく、公平な世の中であってほしいものです。

自分もそうでありたいものです。

母の日に思うこと

子どものころ、母の日になると、母はよくヒステリーを起こしていた。

「母の日なのに、誰も何もしない!!」

それで家族一同えらい目に遭って以来、母の日には家事全般から贈り物、さらには言葉遣いまで気を遣うのが習慣となった。

 

時はうつり、まさか自分が母になっているとは。

息子2歳。

母の日なんてわかるわけもなく。

実家に行くと、わが母は、皆からの贈り物をもらい、喜んでいた。

昔ほどヒステリックにならないのは、往年の家事・育児ストレスから解放されたから。

逆に、ヒステリックになったのは、現役母になった私。

主人は別にご飯を作ってくれるでもなく、ケーキを買ってきてくれるわけでもなく。

「いつもありがとう」

の一言だけでもいいのに。

そんなことを少しでも期待する私は、なんと恩着せがましいことか。

 

とりあえず、自分と母で食べようと、仕事帰りにケーキとシュークリームを買って、実家によったら、運の悪いことに昼寝から起きた息子と、暇なわが父がいた。

二人だけで食べるのもけち臭いので、少しずつ、二人にもわけましたよ。

家に帰ってしばらくすると、宅配便が届いた。

いつでもいいや、と思って注文した、ふっこう福袋だった。

ありがとう、宅配便屋さん!!

母の日に着くなんて、とっても嬉しい!!

まあ、自分のお金で買ったものなんですけどね・・・。

あーあ・・・。

 

母の日も結局、仕事に家事に追われてしまった。

でも、このご時世、家族水入らず、おまけに健康で過ごせるのは、ありがたいのかもしれない。

なぜなら、家族あっての母だから。

母の日に、大事なことは、モノをもらう、何かをやってもらう喜びではなく、家族と笑顔で過ごす喜びなのかもしれない。

 

息子さん、寝る前に言ってくれた。

「おかあさん、かわいいね」

何を言うか、2歳児!と思いつつも、今日一番うれしい言葉だった。

だから私も言ってあげた。

「〇〇も、かわいいね」

二人で笑顔になった。

それを見ていた主人も笑顔になった。

母の日は、それでいいのかもしれない。

 

 

 

 

でも贈り物もほしい(笑)