紙☆紙☆サンバ! Papers and Days

紙を切り貼りする日々、子育ての日々、その中で感じることを徒然と綴っています。

これは育児ノイローゼに違いない

子どもを産んで、数日後に産後うつのようになりました。

小さく生まれて、おっぱいを飲めず、哺乳瓶でミルクを飲ませていたら、「この子の母親は私でなくてもいいんだ」という思いが強くなり、何度か家出しました。

不思議ですね。

ほしくてほしくて、授かった命。

命をかけて生んだ命。

なのに、自分の子じゃなくてもいい、なんて思ってしまうなんて。

 

本かネットに書いていましたが、“人類”というだけあって、人間は群れで子育てをしていたんだそうです。

そんな人類の歴史を振り返ると、なんと子育てのしにくい現代よ。

「お気軽にご相談ください」

なんて、自治体のなんとか窓口はいうけれど、そう気軽に相談できましょうか。

幸いにも、私には職場とそう離れていない実家と保育園があるので、なんとか、なんとか逃げ道を確保できていますが、それでもいっぱいいっぱいです。

きっと子育てには向き・不向きがある。

そうはいっても、産んだら親の責任でござる。

ただ、ただね、どうかどうか、みんな手を差し伸べてほしい。

世のママたちの中には、気丈にふるまっていても、心が疲れているママもいる。

そんなママたちに、どうかどうか心を寄せてほしい。

 

育児ノイローゼ気味になった私は、息子を無視した。

怒鳴りもした。たくさん怒鳴った。

息子の前で、物にあたった。たくさんの物にあたった。

しがみつく息子をふりほどいた。

泣き叫ぶ息子を、一人にさせた。

私はダメな人間だ。

そんなとき、両親がきてくれた。

預かってあげるよ、と言ってくれた。

外に連れ出してくれた。

私は両親に頭が上がらない。

親ほどありがたい存在はいない。

そんな親に、私はなれるだろうか。

 

心療内科に行こうか、相談窓口に行こうか。

しかし諸悪の原因ははっきりしているのだ。

私が真面目すぎるからいけないのだ。

もっと旦那のように、お気楽に、3ぽ歩いたら忘れるくらいになればいいのだ。

あほになりたい。

笑って過ごしたい。

そんな2月です。

 

こどもの絵本

大寒も過ぎ、ここからが寒さの本番ですね。

それにしてはこの時期には珍しく、毎日ビュンビュンと強い風が吹いています。

隙間だらけの借家は、窓も開けていないのに、土ぼこりが入って大変です。

f:id:okayusanba:20190121154437j:plain

今日は子どもの絵本を。

息子さん早1歳4ヶ月。

彼にとっては図書館もスーパーもテーマパーク!

最近ようやく本に目覚めてきたようなので、2〜3週間に一回は図書館へ。


書店員時代は児童書担当でしたが、絵本って実は一番難しいんですよね。

親が読ませたいもの、その子にあったもの、世間が売りたいもの。


だから本屋さんに行って、一緒に本を選ぶというのはものすごく大変です。

本もいっぱい、いろんな目にあって、ボロボロ!

図書館の絵本もあっちが修理され、こっちが修理され。

でも絵本は子どもにとって、とっても大事なものですから、それなりの本屋さんがあればいいのですが。

なかなかそうもいかないもんですね。

そんな本屋に行きたいものです。


で、息子さんがあっちの本を引っ張り出し、こっちの本を引っ張り出している間、探して借りてきた本がこれらです。


・やさいもぐもぐ(ふくざわゆみこ作・絵、ひかりのくに)

・がたんごとんがたんごとん(安西水丸作、福音館書店)

アンパンマンののりもの あいうえお(フレーベル館)


やさいもぐもぐ、は食べるの大好き息子が反応したので。

見てるとこっちまでお腹がすいてきます。


がたんごとん、は多分保育園でも読んでるな、という反応です。

がたんごとん・・・というと、なぜか首を横にフリフリ。

単純な話なんですけどね。

子どもの心を鷲掴みにしているベストセラーに、我が子も鷲掴みされました。


アンパンマンのこれも大人気。

アンパンマンは子どもの最初のヒーローですね!

やなせさん改めて尊敬です。

息子はこれを持って離さないので、早速今日本屋で買ってきました。


絵本と息子。

なかなか興味深いです。

成人の日って・・・

成人式って必要かしら。

そんなことを毎年思います。

確かに、人生の一つの区切りとしては大切かもしれない。

私自身、成人式には出なかったものの、20歳でもう立派な大人だ、もっと責任をもたなければならない、なんて思ったものです。

が、しかし。

心の問題であって、着飾る必要はあるのかしら。

そもそも選挙権が18歳からになるのに、20歳を成人とする、というのはなんだか矛盾している気もする。

10代で親になる人だって少なくないし、高卒で社会人になる人だっている。

運転免許だって18歳からとれるのに、一体なんなんだ、20歳って。

 

ということを20歳のころから、毎年、成人の日に考えてしまいます。

私は流浪の民なので、成人式に行ったって、知らない人たちばかり。

別に振り袖もスーツも着たくないし、別に市長とかから激励の言葉なんてもらいたくないし、いいや成人式、と思って行きませんでした。

今はダブル成人式もあるとか。

ハーフ成人式も人気でしょ?

意味が分からない。

 

理解できないことが増えてきて、知らないうちに、いろいろなことが流行ったり、すたれたり。

情報があふれかえっていて、取捨選択させられているうちに、一番大切なことを置き去りにしていそうで、恐い世の中です。

 

まあそんなことはさておき。

成人を迎えた皆様、自分の歩んできた道を信じて、どんどん羽ばたいていってください。

人生はまだまだ長いのですから!