読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙と日々 Papers and Days

紙を切り貼りする日々と、作ったものを記録していこうと思います。

元書店員としてのつぶやき

むかしは桜が好きでしたが、近頃は梅のほうが好きです。

まだ寒空の下、鮮やかに花を開かせて。

そんな梅の花をみると、頼もしく感じ、気分を明るくさせてくれます。

明後日は節分、そして翌日は立春

もうすぐ春ですね。

f:id:okayusanba:20170201200054j:plain

写真は、手漉き和紙を封筒に仕立ててアレンジしたものです。

細川和紙で有名な、埼玉県の小川町というところで、以前手漉き和紙の講習を受けたことがあります。

これはそこで漉いた和紙です。

“楮(こうぞ)”という和紙の原料となる木の皮を柔らかくする時以外、一切化学原料は使用していません。

紙はたいてい漂白されますが、これは生成りなので、うっすらと色があります。

天然楮100%の手漉き和紙のさわり心地といったら!!!

f:id:okayusanba:20170201201530j:plain

ほ~ら、雪だるまさんも気持ちよさそう(笑)

書店で働いていたとき、いつの間にか本が、自分にとって“ただの商品”になっていたことに、ある日突然気付きました。

本って、なんだろう。

紙って、なんだろう。

どうやって作るんだろう、紙って。

そう思い、手漉き和紙の講習を受けました。

木を切り、皮をむき。

皮をむいたら表皮をはがし、柔らかく茹で。

残っている塵を丁寧に除き。

さらに繊維を叩いて、叩いて。

そうしてからようやっと、漉いていきます。

漉くのも一苦労で、けっこうな労力です。

紙って、すごい。

改めてそう感じました。

f:id:okayusanba:20170201203021j:plain

こちらは上野の老舗書店、明正堂さんのブックカバーを手提げにリメイク。

本は紙の塊です。

紙に文字が印字され、束ねられ、一冊の本になっています。

本は紙の塊であると同時に、知識の塊です。

電気がなくなれば、ブログの文字は消えてしまいます。

でも本は、そうではありません。

f:id:okayusanba:20170201203725j:plain

本にするには軽すぎる、まさに“商品の本”がありふれているのが現代だと思います。

1年間に購入した本のうち、死ぬまで持っている本は何冊あるでしょう。

買って読んだら売ればいい。

フリーペーパーも読んでいらないなら、古紙に出せばいい。

そんなの、おかしい。

私たちが人生の中で得る知識は、そんな使い捨てのようなものでいいのでしょうか。

100年後の子供たちが読んでも、生涯心に残るような、そんな紙の本たちが生まれることを願っています。

 

君は必要だよ

今日は風がびゅんびゅん!

そして3月のような暖かさ。

空気は乾燥していて、唇も手もカサカサ、静電気バチバチです。

f:id:okayusanba:20170127182047j:plain

先日作ったものです。

二つとも、緩衝材として入れられていた紙を封筒に仕立ててみました。

緩衝材の紙はけっこう手触りがよくて好きです。

f:id:okayusanba:20170127191149j:plain

右の封筒は、購入した布巾についていた帯部分を再利用。

奈良の中川政七商店の蚊帳ふきん、いいですよね。

吸水性もいいし、よく手に馴染みます。

f:id:okayusanba:20170127191833j:plain

こちらも緩衝材の紙をリメイク。

底には、気に入った切り抜きを貼りつけてみました。

f:id:okayusanba:20170127192128j:plain

ほぼ真四角の手提げに。

出来上がったサルナシ酒をおすそわけ。

 

緩衝材といえど、しわをのばせば、十分立派な資材です。

 

働いていると、自分と同じような、もしくはそれ以上に仕事のできる人がたくさんいます。

ふだんは気にならないのですが、ある日突然、もしや私がいなくてもうまく回るんじゃないか、と考えてしまいます。

そう思ったが最後、建設的でない私は、自分なんてここに必要ない、というループに陥ります。

でもなかなか、「君は必要だよ」と言ってくれる人はいないものですね。

みんな毎日が当たり前で、ルーチンで、疑うこともなく生きています。

ただ、多くの人が思っていること、それは「認めてほしい」ということ。

モノに感情はないですが、人に作られて、役目が終わったらポイポイ捨てられるのは、なんだか切なく思えてしまいます。

今の時代、人間もモノ化しているんでしょうか。

非正規社員が多い昨今。

一つの会社に定年まで勤続している人は、どれくらいいるでしょうか。

人も、モノも、認めてほしい。

私は私の元にやってきた紙たちを認めたい、愛したい。

そんな思いで、日々紙と向き合っています。

行きたくない病

外は雪がちらほら。

できればもっとガンガン降って、積もってほしい・・・。

というのも、今夜は合唱の練習があって、外出しないといけないのです。

やだなー・・・。

ぬれた路面、もしくは凍結。

寒いし、暗いし。

どうしてこう、目的地への過程を考えると、途端に億劫になって“行きたくない病”が出てしまうんでしょう。

私だけかしら。

中止のメールがきてないか確認すること3回。

皆無。

あるのか~!

観念するか・・・。

f:id:okayusanba:20170120154605j:plain

年末からちょこちょこ作っていた紙袋。

ようやくお披露目です。

f:id:okayusanba:20170120154824j:plain

英字新聞にワンポイントモチーフは、定番になりました。

紙袋に食べ物が入っていると、外国人になった気がします。

フランスパン、オレンジ、リンゴが詰まった紙袋を抱えながら、パリの石畳の道をゆく・・・映画の見過ぎですね。

f:id:okayusanba:20170120155403j:plain

これはけっこう大きい紙袋になりました。

主人が忘年会のビンゴゲームで、ビールセットを当てて、それを包んでいた包装紙です。

今、ベトナム料理にはまっていて、試しに“サイゴンラーメン”買ってみたのですが、美味しいかしら。

f:id:okayusanba:20170120155740j:plain

ワンポイントのモチーフも、大きさでずいぶん印象が変わります。

左の紙袋には、手づくりお菓子を入れたらよさそうです。

右は手作りカレンダーのリメイク。

しっかり羽を広げている孔雀は、自分で撮影しました。

我ながらよく撮れてる!

f:id:okayusanba:20170120160159j:plain

これは雑誌の1ページを紙袋に仕立てたもの。

漫画『銀の匙』を貸してくれた同僚に、心ばかりのお礼。

f:id:okayusanba:20170120160411j:plain

口を折って閉じる、紙袋ならではのとじ方も好きです。

セロハンテープでびーっと閉じないでほしい、というのが紙好きの願いです。

ああ、雪が全然本降りにならない・・・。

仕方ないので、夕飯支度して出かけてきます。

おっくう・・・。