紙☆紙☆サンバ! Papers and Days

紙を切り貼りする日々、子育ての日々、その中で感じることを徒然と綴っています。近頃は紙に触れ合う時間が減りましたが・・・。

手足口病とゴリラの育児

雨ばっかり。

我が家の畑は、ただでさえ田んぼみたいな土なのに。

これじゃ本当に田んぼになっちゃうよ~!

お日様が恋しい!

 

そんな矢先。

先日までバクバク食べていた息子が、食欲がだんだん落ちてきたなあ・・・と思っていたら。

一昨日、保育園に行ったら37.3℃。

預かっていただいたものの、15時すぎに、「熱が出て、ぐずりがひどい」と電話があり。

急いで迎えに行って、連れ帰ると、39.4℃もあり、ふらふらしながら車で遊ぶ状態。

それでも食べられる物を食べ、幸い1包み残っていた解熱剤を飲ませると、ようやく寝付きました。

次の日も38℃台。

そして手や足に、なんだかあやしいポツポツが・・・。

仕事はあきらめ、病院へ。

やっぱり。

今流行している、手足口病!!

なんと、喉に発疹ができていて、「これは食べるの痛いですね~」と先生。

あら~。

流行にのらなくていいのに・・・。

 

今日は休みだった主人が、一日見てくれて、とっても助かりました。

熱もようやく下がり、お昼ごろから食欲も回復。

夜には走り回る姿も。

よかった。

 

私は子育ても大事だけれど、自分の人生も大事にしたい、という派。

保育園やショッピングモールで、いわゆる“ママ”を見ると、疎外感じゃないけれど、違和感を感じてしまう。

仲の良かった、子どもが同い年のママ友たちにも二人目ができて、関係が変わった。

やっぱり女性は妊娠・出産・子育て・ママライフ、が一般的なのだろうか。

バリバリ働く女性でも子どもが一人以上の人も多いとは思うけれど、私の人生にそんな余裕はない。

そんなに器用ではない。

 

ゴリラの乳離れは3歳くらいだという。

それまでは母親がずっとそばにいるんだという。

でも3歳をすぎたら、自立するのが早いそうな。

母親のもとで安心感を覚え、自分に自信をもち、世界に立ち向かえるんだそう。

それって、人間に置き換えたら、産んで1年も経たないうちに保育園に預ける、っていうのは間違っているってこと?

3年も働かないでいたら、私の人生も、家計も、共倒れしちゃう!

 

なんだかなあ。

鬱々としてすっきりしない空に、手足口病で保育園に行けない息子に・・・。

わたしにゃゴリラは無理だと悩んでしまう夜であります。

 

息子のリフレッシュ

息子は、月に一度、実家が預かってくれます。

お泊りです。

息子だけ。

とても、とても、とてもありがたいです。

 

よく、子育て中のママはリフレッシュが必要、なんていいますが。

リフレッシュが必要なのは、親もそうですが、子どもも、なのではないか。

息子は、か、私は、かは分かりませんが、どうも月の終わり~月の初めになると、虫の居所が悪い。

息子がちょっとしたことで泣きわめく。

そして私が怒り狂う。

で、見かねた母が、息子を引き取ってくれる。

 

いつも保育園に行っている彼は、毎日何かをため込んでいるんだろうか。

それを吐き出しきれない日々を送っているんだろうか。

 

申し訳ない。

こんな母でごめん。

でも私は専業主婦として、一日中子どもとは向き合えない。

経済的にも、だし、人間性としても、向いていない。

近くに実家があって、とても救われている。

ママ友はみんな専業主婦だけど、不思議でしょうがない。

これは、もはや向き不向きだな。

トーマスと機関車と車が大好きな息子と、一日中遊べる自信は、ない。

 

息子がいると、好きなテレビは見られないし、好きなことはできないし、つまらない、と感じることが多い。

しかしながら、いないはいないで、やっぱりつまらないのだ。

最初のうちは、たまった録画を見たり、ネットサーフィンをしたり、ゲームをしたりと楽しんだものだけれど、近頃はどうにもつまらない。

食事もお粗末そのもの。

どうしたことか。

 

息子がそう思っているのかどうかは、いざ知らず。

大好きな実家で、好きなように過ごした彼は、また私との忙しない日々に戻る。

 

母に感謝。

母が近くにいなければ、私はとっくに新聞記事に載っていただろう。

 

たまには母にもリフレッシュしてもらおう。

大量生産、消費、廃棄の時代

ご無沙汰しています。

怒涛の10連休も過ぎ、一年も半分終わりました。

 

畑の散策やお外が好きだった息子は、今は家の中でひたすら電車とミニカーで遊ぶ日々です。

なによりもトーマスと機関車が大・大・大好き。

いつの間に?!

そこまでハマる理由が全くもってわかりません。

子どもって謎がいっぱいですね。

あ、可能性がいっぱい、ってことかしら。

親としては、テレビより絵本、家の中で遊ぶより外遊び、お菓子よりおかずを食べて!

という願いがあるのですが・・・。

まあ・・・よかろう。

人生長いから、いつか何かに気付くだろう。

自分の価値観を、子どもに押しつけちゃいかんもんね。

でも親というものは、自分の経験から得られた価値観を、つい子どもにも・・・って思っちゃうもののようですね。

親になって初めて気付くこと、いっぱい。

気付かせてくれて、ありがとう、かな。

 

最近思うことを少し。

私の生きている時代は、まさに表題の通りだなあと実感する毎日。

近頃はマイクロプラスチックゴミが話題になっていますね。

我が畑にも前任者が黒マルチを張っていたおかげで、ちょっと耕すだけでビニール片がけっこう出てきます。

琵琶湖のワカサギの体内からもマイクロプラスチックが見つかったとか。

それって、私たちの体内も例外ではないってことでしょう?

昔はお肉やさんでお肉を買うと、経木に包んでくれました。

お豆腐は豆腐屋さんにお鍋をもって買いに行きました。

現在、食品類を包むものは、ほぼプラスチック製品ではないでしょうか。

 

かといって、紙がエコ、かというとそうでもない。

リサイクル率は高いですが、紙も紙で、製紙の段階でいろいろ問題があるようです。

 

私たちの生活すべてに、今や化石燃料は不可欠です。

でもその化石燃料で、戦争は起きる、環境は破壊されている。

暮らしやすさの半面、私たちが失ったものの多さを実感する、今日この頃です。

 

・・・。

でも紙おむつは便利なんです。

あー!ジレンマ!!