読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙と日々 Papers and Days

紙を切り貼りする日々と、作ったものを記録していこうと思います。

自分が作ったとは信じられないモノ

f:id:okayusanba:20161017190408j:plain

今朝は起きたら土砂降りの雨。

時間を見ると7:49。ね、寝坊や~~~~~!!

洗濯もせず、とにかくご飯を食べてバタバタとパートへ出かけて行きました。

ところが、今ちょっとパート先の職員さんとぎくしゃくしておりまして。

それにちょっと火がついてしまい、もう今日無理、と早々に帰宅。

あかんや~~~~~ん!!

 

最近心に留めるようになった言葉があります。

聖徳太子の「和(やわらぎ)を以て貴しと為し、忤(さか)ふこと無きを宗と為せ」という十七条憲法の第一文です。

なかなかこれが難しいのです。

本当はもっとシンプルで、誰もが、こうなれば今より良くなる、とかそんな希望をもって生きているだけなのに、なぜそこで衝突が起こるのか、諍いが生まれるのか。

これは許せない、という自分のスイッチを押された時、わたしはどうして自分を抑えられないのか。

ああ、聖徳太子さん、どうすれば日々いかなるときも、穏やかでいられるのでしょうか。

と悩みつつも、できないなりに、日々自分のあさましい心と格闘しながら生きています。

f:id:okayusanba:20161017192245j:plain

それはさておき、この箱は本当に自分が作ったのかしらと、見るたびに思います。

けっこう手がこんでいます。

外箱の裏表に和紙を張っていて、中箱も色とりどりの和紙、おまけに中敷きつき。

一体どうして、こんな面倒な作り方をしたのか、まったく覚えていません。

ただ、これを作っている時、さして面倒とも思っていなかったことを覚えています。

よっぽど熱中して作っていたと思います。

箱作りは寸法、紙選び、作る工程など、選択と検証が必要な作業が多く、作り始めたら一気に作り上げます。

アマ・プロの方には及びませんが、自分ではなかなか自信作だと思っています。