紙☆紙☆サンバ! Papers and Days

紙を切り貼りする日々、子育ての日々、その中で感じることを徒然と綴っています。

ワンオペ育児って流行ってるんですか?

しばらくぶりです。

怒涛の日々で、まったくブログと向き合えませんでした。

 

7月の連休に、賃貸アパートの、我が駐車場スペースに子どもが一人入れるくらいの穴があき。

それに対する管理会社の対応が、まあひどいこと、ひどいこと。

日本はいつから“共感”という言葉を失ったのか、というくらい粗雑な扱いでした。

ゆえに、急きょ引っ越しを考え始め。

そんなに急いでいたわけではなかったのに、どこからともなく次の家が見つかり。

あれよあれよという間に引っ越し。

しかもそんなに遠い場所でもなかったので、大型家具以外は自分たちで運び。

9月は引っ越しな毎日でバッタバタ。

10月に慣れない新居で新生活が始まり、ドッタドタ。

輪をかけるとはこのことで、3日前から主人は謎の海外出張2週間。

は?受難ですか、私?

 

実家でお世話になるつもりで行ったら、いろいろてんぱる母。

これなら自分ちで、ちびと二人で頑張れるかな?と思い、翌日帰宅。

ところがどっこい!

ほぼ朝しか育児に関わっていなかった主人でも、いるといないじゃ雲泥の差。

こ、これがワンオペ育児ってやつですか??

主人がいてもワンオペに近かったのに、これは完全なるワンオペだね?!

 

子は泣く。

相手にしてほしい、甘えたい、遊びたい、ごはんもっと食べたい、などなど。

叶わないと、さらに激しく泣く。

「一人しかいないから、待って」

といったところで、待てるわけがない。

彼も必死なのだ。

彼にとっては、毎日、毎時、瞬間瞬間が、彼の全てなのだ。

そして彼の全ては、母にくる。

 

子育ては大変だ。

父親、保育士、先生、子どもが好きな人、など、子どもに関わる人はいるが、”生みの母”というだけに、子どもにとっての母親の存在は絶対らしい。

母になって、痛いほどわかった。

だけれど、母は応えきれないのだ。

そしてつい怒鳴ってしまう、怒ってしまう、物にあたってしまう、彼を無視してぞんざいに扱ってしまう、突き放してしまう。

そして反省する。

また笑う。

でもまた怒る。

その繰り返し。

 

これ以上はもう限界だと思って、実家に一晩だけ預けてきました。

というわけで、こうしてブログに向き合えました。

次はもっと、もっと、前向きな記事を書きたいものです。