紙☆紙☆サンバ! Papers and Days

紙を切り貼りする日々、子育ての日々、その中で感じることを徒然と綴っています。

成人の日って・・・

成人式って必要かしら。

そんなことを毎年思います。

確かに、人生の一つの区切りとしては大切かもしれない。

私自身、成人式には出なかったものの、20歳でもう立派な大人だ、もっと責任をもたなければならない、なんて思ったものです。

が、しかし。

心の問題であって、着飾る必要はあるのかしら。

そもそも選挙権が18歳からになるのに、20歳を成人とする、というのはなんだか矛盾している気もする。

10代で親になる人だって少なくないし、高卒で社会人になる人だっている。

運転免許だって18歳からとれるのに、一体なんなんだ、20歳って。

 

ということを20歳のころから、毎年、成人の日に考えてしまいます。

私は流浪の民なので、成人式に行ったって、知らない人たちばかり。

別に振り袖もスーツも着たくないし、別に市長とかから激励の言葉なんてもらいたくないし、いいや成人式、と思って行きませんでした。

今はダブル成人式もあるとか。

ハーフ成人式も人気でしょ?

意味が分からない。

 

理解できないことが増えてきて、知らないうちに、いろいろなことが流行ったり、すたれたり。

情報があふれかえっていて、取捨選択させられているうちに、一番大切なことを置き去りにしていそうで、恐い世の中です。

 

まあそんなことはさておき。

成人を迎えた皆様、自分の歩んできた道を信じて、どんどん羽ばたいていってください。

人生はまだまだ長いのですから!