紙☆紙☆サンバ! Papers and Days

紙を切り貼りする日々、子育ての日々、その中で感じることを徒然と綴っています。近頃は紙に触れ合う時間が減りましたが・・・。

息子のリフレッシュ

息子は、月に一度、実家が預かってくれます。

お泊りです。

息子だけ。

とても、とても、とてもありがたいです。

 

よく、子育て中のママはリフレッシュが必要、なんていいますが。

リフレッシュが必要なのは、親もそうですが、子どもも、なのではないか。

息子は、か、私は、かは分かりませんが、どうも月の終わり~月の初めになると、虫の居所が悪い。

息子がちょっとしたことで泣きわめく。

そして私が怒り狂う。

で、見かねた母が、息子を引き取ってくれる。

 

いつも保育園に行っている彼は、毎日何かをため込んでいるんだろうか。

それを吐き出しきれない日々を送っているんだろうか。

 

申し訳ない。

こんな母でごめん。

でも私は専業主婦として、一日中子どもとは向き合えない。

経済的にも、だし、人間性としても、向いていない。

近くに実家があって、とても救われている。

ママ友はみんな専業主婦だけど、不思議でしょうがない。

これは、もはや向き不向きだな。

トーマスと機関車と車が大好きな息子と、一日中遊べる自信は、ない。

 

息子がいると、好きなテレビは見られないし、好きなことはできないし、つまらない、と感じることが多い。

しかしながら、いないはいないで、やっぱりつまらないのだ。

最初のうちは、たまった録画を見たり、ネットサーフィンをしたり、ゲームをしたりと楽しんだものだけれど、近頃はどうにもつまらない。

食事もお粗末そのもの。

どうしたことか。

 

息子がそう思っているのかどうかは、いざ知らず。

大好きな実家で、好きなように過ごした彼は、また私との忙しない日々に戻る。

 

母に感謝。

母が近くにいなければ、私はとっくに新聞記事に載っていただろう。

 

たまには母にもリフレッシュしてもらおう。