紙☆紙☆サンバ! Papers and Days

紙を切り貼りする日々、子育ての日々、その中で感じることを徒然と綴っています。近頃は紙に触れ合う時間が減りましたが・・・。

2歳児の不思議

息子さん、2歳。

不思議がいっぱい。

最近の口癖は「〇〇(自分の名前)も!」です。

たとえば。

朝ご飯を用意しているとき。

全員の器を出して、よそっているのに、「〇〇も!」といいます。

うっかり、出し忘れたり、わざと「ないよ~」なんて言うと、急に悲しげな顔になって、涙がポロリ、ポロリ・・・。

こちらはその姿がおかしくって、つい笑ってしまうのですが、本人は心の底から悲しいようで。

その泣き顔は、まさに『となりのトトロ』のめいちゃんそのもの!

いまさらながら、宮崎駿監督の観察力と表現力には感心させられます。

あ、そういえばめいちゃんも「めいも!めいも!」って言ってましたね。

 

あと、人のやることをよく見ていて、たまにですが、洗濯物をたたんでくれます。

干す真似もします。

一番好きなお手伝いは、ご飯づくり。

玉ねぎの皮むきと、卵をとくのは、なかなか上手です。

なのでおままごとも大好きで、何かを作っている真似をしては、人に食べさせます。

「あむあむ」と食べる真似をしないと、「あむあむして!あむあむして!」と、しつこく食い下がります。

このしつこさは誰に似たんだか・・・。

保育園にお弁当を持って行ったのが、相当嬉しかったのか、布で何かを包む真似をして、それをもって「いってきまーす」なんて言います。

 

傑作は、我が家にはタヌキと大黒さんと恵比寿さんの40cmくらいの置物があるのですが、彼らにおままごとの料理を食べさせていたことですね。

息子さん曰く、彼らは”友達”なんだそうな。

 

夕飯の片づけをして、部屋に戻ったら、ミニカーが整然と並べられていたこともあります。整然と!です。

絵を描いたら、ぐるぐるぐちゃーなはずが、真剣に真っすぐな線を何本も引いていたり。

とにかく、思い出したらきりがないくらい、毎日が傑作選のような状態です。

 

ただ、相手をするのがなかなか疲れる。

なので私は放置状態ですが、主人はいろいろ相手をしているようで、やっぱり男は男同士が一番だな、と感心しています。

でも心配なのが、「家族の中に、コロナが出たらどうするのか」です。

主人に聞きましたが、「そうなったら一家でコロナだね」と、なんの解決にもならない返事が。

とにかく私は平穏無事を祈る日々であります。