紙☆紙☆サンバ! Papers and Days

紙を切り貼りする日々、子育ての日々、その中で感じることを徒然と綴っています。近頃は紙に触れ合う時間が減りましたが・・・。

人生は長い、はず

コロナ禍のお盆をようようやり過ごし、長雨に耐えている今日この頃。

コロナも大変ですが、我が家はネズミが出没し、捕獲に失敗!

デスモアを天井裏と台所の隅に設置し、様子見の日々です。

f:id:okayusanba:20210818105811j:image

先月、何を思い立ってか、ひさしぶりに小箱を製作!!

思いの外、うまくできました。

 

この頃は首都圏に住んでいて、上野に様々な展示会を見に行きました。

このチベット展は、いい展示会でした。

どなたか見に行かれましたか?

当時の東京はさほど外国人も多くなく、路地などは長閑なものでした。

東京下町散策、懐かしい。

 

年を追うごとに、やれ中国人観光客の爆買いだ、外国人旅行者年間何万人達成だで、巷には旅行客目当ての店が溢れ。

今思えば異常でしたね。

気づけば、工場で働いている人、高原野菜を収穫している人は、みーんな外国人。

観光地のお店に入れば、日本語よりも英語、中国語、韓国語。

一度など店のおばちゃんから、なぜか你好!と言われ、「違ったかな?アーユーチャイニーズ?コリアン??」とか聞かれちゃうし笑

 

あれだけ大量の人が、自由に往来して、バカンスしていたのだから、それが環境にも日本人の生活にも、そしてコロナにも影響したのは確かでしょう。

そして人は楽しかった、良い時代を忘れられないものです。

バブルを忘れられない人々然り。

生まれた時から便利生活なミレニアム世代然り。

長引くマスク生活、自粛生活は、苦痛でしかないでしょう。

 

私は??

全然苦痛じゃありません!

コロナにかかったら、絶対悪化する自信あります。

喘息ではないですが、呼吸器系弱いので。

でも、息子に一夏の思い出を体験させたい!!

体験させました。

玄関先で手持ち花火。

庭先で水鉄砲の撃ち合い。

混まない時期に近所の昆虫博物館見学。

畑裏でクワガタ捕獲!

特別なことは何もないし、遠出して美味しい食事に景色もないけど。

今しかできないことがあるよね。

今しか見れないものがあるよね。

 

人生は長い。

その一部を新型コロナウイルス黒歴史にするか、大変だったけど、あれはあれで思い出だね、とするかは人それぞれ。

目先の利益と過去の栄光に縛られ、利己的に行動するか、これからまだ見ぬ楽しい未来を信じて、忍耐を友に生きるか。

あなたはどちらを選びますか?

 

コロナ終息後に元の時代に戻るか?

戻らないでしょう。

戻っちゃいけません。

新しい時代を切り拓かないと。

世界的な山火事、洪水、災害、そして新型コロナウイルスが、人間に教えようとしていることを、考えなきゃいけません。

たくさんの方が亡くなられたことを、悲しみを、辛さを、忘れちゃいけません。